上質の離型剤は生産効率を上げたいと考える会社の強い味方

フッ素コートの特長を活用した効果の高い離型剤

床

シリコンやプラスチックを素材として用いた製品で人気商品になるようなものは、お洒落なデザインの場合が多いです。お洒落なデザインを、設計図の上だけではなく、現実の製品として世に出すことが出来るのは、金型と離型剤を使った成形プロセスのお陰です。
設計段階では二次元の存在にすぎないお洒落なデザインを、手に取って触ったり使ったりできる製品にするためには、まずは素材を金型に流し込んで、基本となる形状を素材に与える必要があります。それだけで製品が完成してくれれば非常に楽なのですが、この次には、金型から成形物を取り出すという作業が待っています。この作業が問題で、素材を注入するに先立ち、金型表面に素材の物質がくっつかなくなるような加工をしておかないと、後で型から綺麗に剥がれてくれないという問題が起こります。
ここで離型剤が登場します。金型表面に素材がくっつかなくなる加工というニーズにズバリ応えることが出来るのが、非粘着性という性質を持つフッ素コートです。そして、このフッ素コートの特性を生かした離型剤を、分類上、特にフッ素系離型剤と呼んでいます。
フッ素系離型剤の効果は強力で、ごく薄く塗布するだけでも、綺麗に離型できます。そのため、凝ったデザインのデリケートな製品でも、難なく成形が可能です。

ピックアップコンテンツ