上質の離型剤は生産効率を上げたいと考える会社の強い味方

成形現場では再塗布可能なフッ素コート剤を使用した離型剤を選ぼう

塗布

製品の製造過程では、2つのロスを極力減らすことで、生産効率を上げることが可能になります。
1つ目のロスは作業時間のロスで、例えば、成形作業であれば、成形作業以外の事に使う時間を可能な限り減らすこと。
2つ目のロスは、売れるものに変換できる素材のロスで、素材からなるべく多くの販売可能な製品を作り、廃棄する素材を減らすこと。この2つをどのように実現するかが、製造プロセスでの重要な課題です。
刷毛やスプレーで、現場で塗布できるフッ素系離型剤を使うことは、この課題の1つのソリューションになります。離型性能の劣化は、成形プロセスを中断させる原因の1つですが、現場で再塗布可能な離型剤があれば、作業の中断による時間的ロスを必要最小限に抑えられます。フッ素コート剤を使用した離型剤は、薄い塗膜で優れた離型効果があるため、金型に離型剤を厚塗りする必要がありません。
そのため、塗布してから乾燥するまでの待機時間が短いことも大きな利点です。更に、フッ素コートの強力な非粘着性、すべり性という特性を利用した離型剤を使うと、成形不良により使えない製品を出してしまうリスクが極めて低く、その分、素材のロスも少なくて済みます。
現場で重要な意味を持つ2つのロス対策には、現場で使えるフッ素系離型剤を活用しましょう。

ピックアップコンテンツ