上質の離型剤は生産効率を上げたいと考える会社の強い味方

製品を綺麗に金型から剥がせるフッ素コート剤を使用した離型剤の利点

男性

製造業においては、売れるものを作って売上を上げると同時に、コストダウンを図り利益率を上げることが大切です。例えば、ゴムやプラスチック製品であれば、同じ量の材料からなるべく多くの製品を完成させて販売する方が売上が上がりますし、成形の際に使用する素材や離型剤のロスを減らすことでコストダウンすることもできます。
この両方の要求を満たすことが出来るのが、フッ素系離型剤です。フッ素コートが持つ非粘着性という独特の性質を利用したフッ素系離型剤を使えば、プラスチック製品でもゴム製品でも、金型から簡単に綺麗に剥がすことが出来ます。成形作業の途中で、離型剤が上手く機能せず、金型から分離する際に製品が壊れる率が低いため、素材を無駄にすることがほとんどありません。
また、ワックス系など他の離型剤と大きく異なる特長として、成形物に離型剤が転写しないというものがあります。このお陰で、成形物を洗う手間を省き、その分、成形作業により多くの時間を割り当て、製造量を増やすことが可能になります。加えて、成形物に付着する分の離型剤のロスがないため、同じ量の離型剤でより多くの成形作業をこなすことができます。
フッ素コートの効果を利用した離型剤は、売上向上とコスト削減の両方に貢献できる製品と言えるでしょう。

ピックアップコンテンツ